広告が多い理由

無料出会い系サイトを使っていると、別の出会い系サイトや、商品の広告がやたらと目立ちます。
出会い系に限ったことではなく、タダで提供されているインターネット上のサービスは
広告収入が運営資金の原資になっているものがほとんどで、
広告が目に付くのは、いわばタダでサービスを使うための代償みたいなものです。
とはいうものの、度が過ぎると、煩わしく感じてしまいますし、
酷いケースになるとサービスの質の低下を招いてしまいます。

一例を挙げると、無料出会い系サイトに登録した途端、
大量の迷惑メールが送られてくるようになる、といった話を聞くことがよくあります。
業者側は、宣伝のためにメールを送っているのでしょうが、受け取る側は大変な迷惑を被っているのです。
サイト内にバナー広告がたくさん貼られていると、どうしても反応が鈍くなってしまうし、
行き過ぎた広告はデザイン的にもバランスを壊すことになります。
極論を言ってしまうと、コスト優先か、利便性優先か、どちらか一つを選べということです。

ただし、サイト内に広告を掲載していない無料サイトや、
広告が少ない出会い系サイトが存在しないということではありません。
優良サイトの要件として「行き過ぎた宣伝をしない、広告が少ないこと」を条件にサイト選びをすれば、
煩わしい思いをすることはないと思います。
でも、広告収入で運営資金を賄っているサービスを使うのであれば、
ある程度の宣伝や広告は受け入れなければなりません。



PAGETOP